MENU

誰にでも簡単な引っ越しを出来るだけ安くする方法

引っ越しを出来るだけ安くするのに一番手っ取り早い方法は、引越し業者同士を競わせて値下げを引き出すことです。

 

引越し業界は大手から中小まであらゆるタイプの業者が乱立し、仕事の取り合いをしています。1社だけしか見積もりを取らないと分かったら高い料金を提示してくる一方で、他社による相見積もりがあると分かったとたんに大きな値引きで仕事を受注しようと必死です。

 

とにかく引っ越しを出来るだけ安くしたいあなたは最低でも3社以上の引越し業者から見積もりを取るようにしましょう。

 

どのように引越し業者を選べばいいのか分からないという人は、一括見積もりサイトを利用してください。あなたの住所を入力しただけで登録されている業者から最大10社を絞り込んで見積もり依頼ができるでの大変便利です。

 

料金だけじゃなく、サービスを比較したいあなたにも口コミやランキングといったコンテンツが豊富で役立ちます。料金が安くサービスが良い引越し業者を見つける為にも一括見積もりはとても役立ちます。

安い時期を狙って引越し費用を抑える

引っ越しを出来るだけ安くする方法として次にご紹介したいのが、引越し業者が暇な日を狙う方法です。引っ越しは日程によって忙しかったり、暇だったりが極端に変わります。引越し業者は料金を下げてでも暇な日の予定を埋めたいと思っています。

 

もし、暇な日に引っ越しの日程を合わせることができるのなら、忙しい日と比べても半額以下の料金で引っ越しできても不思議ではありません。引越し費用を出来るだけ安くしたいと思っているなら日程調整はとてもおすすめできる方法です。

 

料金が安い引越し業者が暇な日とは
暇な日は忙しい日の条件を一つずつ外していくことで分かります。まず一番忙しいのが繁忙期と呼ばれる春の時期です。特に3月後半から4月前半にかけて最も忙しくなり、この時期だけは引越し料金を安くするよりも予約するだけで大変です。出来るだけ安くしたいなら繁忙期を外して引っ越ししましょう。

 

それ以外の月は9月が会社の異動期にもあたり若干忙しくなる傾向があるものの、繁忙期ほどではありません。むしろそれ以外の条件で忙しい日を外していった方が効率が良いと言えます。

 

まず注目したいのが月末かそれ以外かということです。月末は家賃の締め日などの関係から忙しくなる傾向が高いです。

 

さらに祝日を含む休日も忙しくなります。土日は当然ですが、最近では金曜日にお休みを取って、土日で後片付けを済まそうとする人も増えています。

 

最後に注目したいのが大安、友引といった日柄です。特に婚礼や新築の引っ越しではこれらの日が好まれ、地方やお年寄りの間では根強い人気がある引っ越しの人気日の条件です。

 

これらの条件を一つ一つ外していくことで引越し業者が暇な日を特定できます。ただし、どの日が一番暇かは、引越し業者の受注状況によって変わるので、安く出来るならいつでも良いという人は見積もり時に相談するのがおすすめです。

 

引越し業者の比較と暇な日を狙うのが、料金を出来るだけ安くするのに最も効率が良い方法です。忙しくて他の条件を試す余裕が無い方は何よりもこの二つの方法を実践してみてください。大きな値引きが引き出せると思いますよ。

最安値を狙うなら引っ越しを出来るだけ安くする方法はまだあります

上記2つの方法と比較すると効率は悪いですが、引っ越しを出来るだけ安くする方法はまだあります。料金比較しても暇な日を狙ってもさらに安くし人はぜひ以下の方法を参考にしてください。

 

自分で荷造りをして格安引越し

引越し業者の梱包プランを依頼していれば料金が高くなるのも仕方がないと言えますね。自分で荷造りした場合との料金差は大きいので、ぜひとも頑張ってもらいたいです。

 

引越し日まで間に合せる自信が無い人は、台所廻りだけお願いするというのも一つの手です。引っ越しの荷造りで一番大変なのが台所です。引越し業者との交渉が必要ですが、引き受けてくれる会社があるなら通常の梱包プランよりも安くできる可能性が高いです。

 

不用品をとことん処分する

契約するトラックのサイズを下げられるほど不用品を処分して荷物を減らせるなら引越し料金も安くなります。荷物が多い家族の引っ越しではかなりの量を処分しないと難しいですが、単身引越しならダンボールの5個10個でも料金が変わる場合があります。

 

どちらの場合にせよ不用品を運賃を払って運ぶのはもったいないので、出来る限り現住所で廃棄してしまいましょう。

 

不用品の処分も出来るだけ費用が掛からないように、リサイクルショップやブックオフで買取してもらったり、ヤフオクやメルカリなどで販売しましょう。

 

電話で見積もりを依頼して激安の業者を見つける

普通、引越し業者は訪問見積もりをしないと正確な料金を提示してくれません。しかし、訪問見積もりには時間が掛かるために(家族荷なら1時間も)一括見積もりで10社から返信があっても、訪問してもらうのは2〜3社という人が多いです。

 

その2〜3社の見積もりが希望した額に届かなかった場合に、電話での見積もりを依頼しましょう。電話では値段を言いたがらない引越し業者は多いのですが、他社(特に大手)の訪問見積もりで正確な荷物量が分かっているならより突っ込んだ話しをしてくれる業者はあるはずです。

 

最後は訪問見積もりをさせて欲しいと言われるかもしれませんが、他社の見積もり内容が分かっている状況であれば、それより下げてくれる可能性は非常に高いです。

 

長距離引越しを出来るだけ安くするには

長距離引越しは、業者間の料金差がとても大きいので、得意な会社を見つけるのがとても大切です。基本的には全国に支店がある大手の方が中小よりも安くできる可能性が高いです。

 

また混載便や帰り便、コンテナ便、フェリー便なども長距離引越しを安くするポイントです。これらのキーワードを使っている引越し業者であれば、長距離引越しをより安くしてくれるでしょう。

 

また長距離引越しは新居までの距離が遠くなるにつれて、同じ荷物でも費用が高くなります。時には新居で荷物を買い直した方が安くつく場合があるので、その荷物を買い替えた場合の料金も比較してみると良いでしょう。

 

一人暮らしは単身パックや軽トラ便が安い

一人暮らしの人の荷物量は、引越し業者の一番小さなトラックでも満載にはならないので、割高な場合があります。

 

その為に、単身向けの専用プランを設けているサービスを活用することが安くする上でも大切です。ヤマトや日通の単身パックや赤帽などの軽トラ便がそれらにあたります。それ以外の引越し業者でも単身プランやシングルプランなどの名称でサービスを提供しているところがありますので、各社のホームページを確かめてみましょう。

 

大物限定で引越し業者に依頼すれば安くなる

タンスや食器棚などの大型家具、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電限定で引越し業者へ依頼する方法があります。依頼する荷物の総量が減った分だけ引越し費用は安くなります。

 

何度も新居を往復する必要があったり、体力に自信があるならば試してみる価値はありますが、自分で荷物を運んで落としたり、新居を傷つけたりする危険性も考慮しておく必要があります。

 

当サイトおすすめの一括見積もり

引越し侍
https://hikkoshizamurai.jp/
TVやラジオCM放送中!引越しの予約サイトにイチオシの引越し侍。全国269社の引越し料金を比較して、費用が最大50%安くなる